セミナー内容紹介

プロセスワークは、大きな基本原則があります。
<何かが起きたとき、それは必要があって起きている>という考え方です。
この視点で物事を見たとき、<問題>は、<問題>ではなくなります。

このセミナーでは、学校で起きる様々な出来事を、プロセスワークの観点から紐解き、
学校の中で“問題”とされることに、“問題”とか“悪”とったラベルづけを超えて、
起きていることの意味を体験的に理解していただくためのワークショップです。

日本プロセスワークセンター内の、スクールカウンセラーである(あった)ファカルティが、
登壇いたします。

みなさまをウェルカムいたします!

*臨床心理士の研修会(ワークショップ)更新ポイント(2ポイント)として申請予定です

期待できる効果

・プロセスワークの観点から学校への取り組み事例を知る
・実際にプロセスワークを用いた体験型事例検討を試す

主なトピック

学校での取り組み事例:講師 村松康太郎
オープンダイアログ 学校における<困った>
プロセスワーク体験型<困った>事例検討会

特記事項(ご参加に当たっての留意点など)

*再受講割引はありません。

※「対人支援の新しい扉(心理職のためのPW)全10回シリーズ」を受講された方(2021年度も含む)は学生料金で受講いただけます。

受講費

一般 コース在籍者(学生)
割引
一般再受講割引 コース在籍者(学生)
再受講割引
15,000円 12,000円

開講スケジュール

2021.04.24-04.24
開始10:00
終了16:00

オンライン
対人支援の新しい扉 スピンオフ企画1日オンラインセミナー
講師:佐野浩子・村松康太郎・くにもときく・橋本早苗

お申し込みはこちら 
http://ptix.at/h9VqsJ

ご予約受付中