Q3. トレーニングに個人セッションはなぜ必要ですか?

A3.個人セッションは、クライエントの立場でプロセスワークを体験し、自分の内面と深く向き合うためのものです。セラピストとの時間は自らの内側にセラピストを育み、プロセスワークのスキルや視点を体験的に獲得して行く助けになります。自分自身の夢や身体症状をワークすること、投影の傾向に気づくこと、エッジになりやすい問題などに気づくことは、自分のメタスキルを耕し、自分が仕事をして行く上での強みとなるでしょう。トレーニングにおける個人セッションは、1.自己理解を深め、人として、セラピストとして成長する、2.セラピストをモデルとして、スキルやメタスキルを学ぶ、3.クライエントの内側で起こるプロセスを体験する、などと言った点から、とても重要なプロセスだと言えます。

 

Q1. トライアドはどのように組んだらよいでしょうか?

Q2. セラピストやアドバイザーはどのように選ぶとよいでしょうか?