Q1. トライアドはどのように組んだらよいでしょうか?

A1. JPWCでは、実践プログラム以上の学生にはトライアドでの学びを課しています。トライアドを組む方法は、主に以下の方法が考えられます。
   ①入学時のオリエンテーションの時に同期入学の学生に声をかける。
   ②セミナーやコミュニティ・ミーティングなどに参加した際に、他の学生に声をかけてみる。
   ③コミュニティのFacebookで募集する。

トライアドを組む目的や意義については『学生ハンドブック』をご参照ください。また、場合によってはトライアドは複数組むことが可能です。トライアド活動で迷った時には、ぜひ先輩の学生やファカルティ、ご自分のアドバイザーやスタディ・コミッティにご相談ください。

 

Q2. セラピストやアドバイザーはどのように選ぶとよいでしょうか?

Q3. トレーニングに個人セッションはなぜ必要ですか?