2018.10.6-7 [土、日] ワールドワーク4

公開日 2013年06月26日

キャプション
テーマ ワールドワーク
対象 上級・オープン
コース

フェイズ2ディプロマコース

(このセミナーはフェイズ2ディプロメートコースの必須セミナーですが、JPWCの他のフェイズ2プログラム/実践コース/旧臨床基礎プログラム/旧基礎プログラムそれぞれの学生および修了生、または同等の経験を持つと講師が認めた方も受講できます。)​

講師 桑原香苗
日時 2018.10.6-7[土、日] 10:00-18:00
会場 日本プロセスワークセンター
参加費 一般:40,000円 学生:35,000円 (再受講割引 一般:20,000円 学生18,000円)
備考 お問い合わせ:
日本プロセスワークセンター
entry@jpwc.or.jp
お申込み お申し込みはセミナー開始3ヶ月前から受け付けます

講師よりご案内   

「ファシリテーターという働きを担いたい」という私たちの願いは、どこから来るのでしょうか?
ワールドワークという形で、多様なトピックをさまざまな場で扱いたいと願うのは、この世界に何をもたらしたいと願っているからでしょうか?

このセミナーでは、まずその問いを1人ひとりの内側に問いかけていくところから始めたいと思います。
「自分は何者で何を為すのか」という自分自身の深いエッセンスにつながる時こそ、まさにいま場に生まれ出ようとしているエネルギーを迷いなくつかみ、サポートする力が発揮されるからです。

それをしっかり自覚できたら、ファシリテータートレーニングにおいて何よりも大事なこと、「実践の場数」を踏み、「振り返り」で学びを腑に落としていきましょう。
参加者がファシリテーターになってグループプロセスを行い、講師がスーパーバイザーとなって、参加者全員と振り返りをすることを繰り返します。その場でどんなダイナミクスが起きていたのかをひも解き、ファシリテーターとしての自分のアウェアネスやスキルについて直接フィードバックを受けて自ら振り返り、納得した上で次に進むことが重要です。
その形式として、以下のうち一つをファシリテーター役の参加者が選ぶことにしたいと思っています。

  • グループプロセスを最初の5分でいったん止め、プロセス構造やありうる介入を振り返る。必要ならファシリテーターがインナーワークを行ってから、グループプロセスの続きを行い、最後に5分ほどで簡単に振り返る
  • グループプロセスをノンストップで行い、最後にまとめて振り返りをする
  • グループプロセスをビデオで撮影し、1時間ほどかけてゆっくり振り返る
  • 自分が困難を感じている仕事の現場の会議場面を再現する(明示されたファシリテーターまたは参加者ファシリテーターとして)
  • その会議がうまく進むように参加し、最後に振りかえる。(適宜インナーワークをはさんでもよい)

時間配分は、当日ファシリテーター役を希望する参加者の人数によって決める予定です。
もちろん、上記以外にやってみたい方法などがあれば新しいアイデア大歓迎です。

基本の概念解説は行いませんので、ワールドワーク1以上に参加された方、またはグループプロセスの基本概念をご存知の方を対象とします。

みなさまのご参加をお待ちしています!

セミナー内容

この2日間は、すでにプロセスワークのグループファシリテーションの基礎を身につけた方を対象とし、それぞれのファシリテーターとしてのアウェアネスやスキルのブラッシュアップ、そしてより詳細な見立てと介入のコツを身につけていくことを目標とします。
参加者が実際にファシリテーターとしてグループワークを行い、講師や他の参加者とともに振り返ることをひたすら繰り返す、「道場」形式でスーパービジョンを行います。

とくにワールドワークは、個人の内面の葛藤から一対一の関係性、そしてグローバルな社会課題、経済問題、戦争、環境問題までこの世界にある複雑な課題を、 感情や感覚にも焦点をあてて丸ごと多層的に扱おうとする、野望と言ってもいい試みです。何度でも当たって砕けるうちに、だんだんこの独特なフィールドでの 動き方が体得されてきます。ワールドワークに2日間しっかり浸りきって、ご自分のアウェアネスをゆたかに広げ、実践で使えるファシリテーション力を身につ けていきましょう。

期待できる成果​

  • 自分がファシリテーターとして、何者で何を為すのかの探求ができる
  • グループのダイナミクスをまさにその場で体験的に理解し、踏み込む力が身につく
  • 多様なファシリテーションスタイルや実践的な詳細な【コツ】を理解する
  • 自分のスタイルや強みを生かしたファシリテーション力を上げる

主な項目​

  • 参加者がファシリテーターとなってグループワークを行い、講師がスーパーバイザーとなって全員で振り返るスーパービジョン
  • その場に即した見立てと介入の解説
  • ビデオを用いてのグループダイナミクス分析(場合によって)
  • グループダイナミクスを体験的に理解するためのエクササイズ
  • すでに自分が持っているスキルや視点をその場で使えるようになるためのエクササイズ     

このセミナーに参加する人にお勧めするセミナー

ワールドワークは、プロセスワークのあらゆる領域の知識とスキルとを必要とするため、すべての領域について学ばれることをお勧めします。

  • プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス
  • 変性・極限意識状態のワーク1
  • インナーワーク
  • ムーブメントワーク
  • 関係性のワーク など

キャンセルポリシー

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、フィールドサポートまでご連絡ください。セミナー受講料からキャンセル料と振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。なお、プログラム在籍中の方は注1もご覧ください。

メール:entry@jpwc.or.jp

Peatix:チケットログイン画面の「主催者へ連絡」ボタンから

◎キャンセル料

・セミナー初日の前日、当日:受講料の100%

・セミナー初日の3日前から2日前:受講料の50%

・それ以前のキャンセル:無料

(午前0時を日付変更の基準にします。)

注1 プログラム在籍中の方へ

連続セミナーおよびプログラム入学時納付金に含まれるセミナー受講料につきましては、セミナー開始の48時間前までにご連絡いただいた場合は、翌年度までの同種セミナーへ振替もしくは他のセミナーへ充当いたします。48時間前までにご連絡がない場合は、キャンセル料として全額を頂きます。

開催中止について

セミナー初日の5日前までに参加者が4名に満たない場合は、セミナーを中止いたします。例:土曜日開催の場合、同じ週の月曜日。中止の場合は決定次第ご連絡いたします。受講料は全額ご返金いたします。