2019.1.12 [土] 変性・極限意識状態のワーク 1

公開日 2013年03月20日

キャプション
テーマ 変性・極限意識状態のワーク
対象 初級・オープン
コース フェイズ1基礎コース
講師 田中保子
日時 2019.1.12[土] 10:00~18:00
参加費 一般:20,000円 学生:17,500円 (再受講割引 一般:10,000円 学生:9,000円)
備考 お問い合わせ:
日本プロセスワークセンター
entry@jpwc.or.jp
お申込み お申し込みは約3ヶ月前より受け付けます

講師よりご案内

変性・極限意識状態とは、いわゆる通常ではない意識状態のこと。酩酊やドラッグのほか、精神病状態といったものから、ぼーっとした意識状態まで、意識状態のスペクトラムをこのセミナーでは対象としています。企業や組織、学校の中でこうした“通常ではない”という意識状態に出会うことはごくごく自然なことですが、私たちには無意識的にこうした変性・極限意識状態を組織や自分の内界から締め出し、通常の意識状態を保とうとする傾向があります。宗教やシャーマニズムではこうした変性・極限意識状態は、高みにのぼるため、あるいは人を救けるために必要な一過程です。プロセスワークでは、こうした意識状態をうまく生かしながらプロセスを進めていくのです。このセミナーでは、自分たちの変性意識状態の体験に開かれることで、変性意識状態への抵抗を減らすこと、変性意識状態と社会の関係を学びながら、多様な意識状態に開かれていく姿勢を学んでいきます。

セミナー内容

プロセスワークにおける変性意識・極限意識状態のワークの基礎編として、まず自分の中にある変性意識状態に気づき慣れ親しみ、それらを大切にするあり方について体験的に学びます。そして、変性意識・極限意識状態への実際のかかわりを、うつなどの身近な実例にもとづいて学んでいきます。

  • ご参加の際は守秘義務をお守りください。
  • 本ワークショップは治療を目的としたものではありません。現在精神科や心療内科に通院中、または心理療法やカウンセリングを受けている方は、主治医・セラピストの同意を得た上でご参加ください。

期待できる成果

  • 精神の不調や疾患に関する新たな視点を理解する
  • 変性意識・極限意識状態へのかかわり方の基礎を知る
  • 自分の中にあるさまざまな意識状態を知り、親しむ

主な項目

  • プロセスワークに変おける変性意識・極限意識状態とは
  • 「シティシャドウ」という考え方~社会や家族のシステムと精神疾患
  • 柔軟な自我づくり
  • 自分の中にある変性意識を体験する
  • 具体的な介入法の初歩

このセミナーに参加する人にお勧めするセミナー

  • PW理論とシグナルアウェアネス
  • インナーワーク
  • ワールドワーク
  • 変性・極限意識状態のワーク2
  • コーマワーク

キャンセルポリシー

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、フィールドサポートまでご連絡ください。セミナー受講料からキャンセル料と振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。なお、プログラム在籍中の方は注1もご覧ください。

メール:entry@jpwc.or.jp

Peatix:チケットログイン画面の「主催者へ連絡」ボタンから

◎キャンセル料

・セミナー初日の前日、当日:受講料の100%

・セミナー初日の3日前から2日前:受講料の50%

・それ以前のキャンセル:無料

(午前0時を日付変更の基準にします。)

注1 プログラム在籍中の方へ

連続セミナーおよびプログラム入学時納付金に含まれるセミナー受講料につきましては、セミナー開始の48時間前までにご連絡いただいた場合は、翌年度までの同種セミナーへ振替もしくは他のセミナーへ充当いたします。48時間前までにご連絡がない場合は、キャンセル料として全額を頂きます。