2017.8.26-27[土、日] ボディワーク2

公開日 2014年08月06日

キャプション
テーマ ボディワーク2
対象 中級・オープン
コース フェイズ1実践コース
講師 田所真生子
日時 2017.8.26-27 [土、日] 10:00~18:00
会場 日本プロセスワークセンター
参加費 一般:40,000円 学生:35,000円(再受講割引 一般:20,000円 学生:18,000円)
備考 お問い合わせ:
日本プロセスワークセンター
info@jpwc.or.jp
お申込み 参加お申し込みはこちら Peatixのサイトに移ります

講師からの案内

普段、私たちは身体をコントロールしようとしながら生きています…が、時として私たちがコントロールし得ない「身体症状」は、日常の次元から見るとやっかいで困ったものだと捉えられます。プロセスワークでは、この身体に起きていることを「夢」と同じように扱います。つまり、何か意味があって生じており、私たちがより全体を生きるために生じてきているのだ、と。夢のワークとともに、プロセスワークの原点でもあるボディワーク。このセミナーでは、身体症状を別の次元から捉え、「やっかいなもの」から、「私たちにとっての宝物」に変え、そこからメッセージを受け取るワークを学びます。そして、その方法やコツ、またそこに向かう意識状態や姿勢などを学びます。

セミナー内容

プロセス指向のボディーワークの基礎的な理論、身体症状の捉え方、意識の次元の使い分け、身体症状を深め、それを「金にする」スキルについて振り返ります。また、ボディワーク1で学んだことに加えて、慢性的な身体症状から自身の人生の神話を探ったり、深く身体の感覚を呼び起こすディープボディーワークなどについても体験的に学んでいきます。また、身体症状に向かう「姿勢」についても触れます。

期待できる効果

  • プロセスワークの身体症状の捉え方、扱い方などについての理解を深めることができる。
  • プロセス指向のボディワークを行う際の基本的な方法に加え、様々な介入の仕方や注意点について知ることができる。
  • 慢性的な身体症状とワークし、人生における意味を見出す方法を知ることができる。
  • 医学的だけでなく、より主観的な体験も大切にするなど、「レインボーメディスン」の視点を学ぶことができる。

主な項目

  • ボディワーク1で学んだ基礎理論の振り返り
  • ドリームボディのコンセプトと身体チャンネルの特徴について
  • 様々なボディワークとの比較について
  • より実践的なボディワークについて:留意点/注意力の使い方/見立てと情報収集/様々な介入の仕方/エッジアウト/メタスキル/統合 などについて

このセミナーに参加する人にお勧めのセミナー

見立てのスキルをあげたり、ワークを展開させやすくするためには以下のセミナーをお勧めします。

  • プロセスワーク理論とシグナルアウェアネス
  • ムーブメント1
  • ムーブメント2

また、ボディワークの応用、あるいは深めた領域としては以下をお勧めします。

  • コーマワーク

キャンセルポリシー

  • お申し込み後に欠席する場合は、フィールドサポートentry@jpwc.or.jpへメールでご連絡下さい。
  • セミナー開始の48時間前までにご連絡いただいた場合は、他のセミナーへ充当・振替いたします。48時間前までにご連絡がない場合は、キャンセル料として全額を頂きます。
  • 納入いただいた受講料は、原則としてお返しいたしません。