ディプロメイトコース(認定プロセスワークディプロメイトコース)

lotus-blossom-304876_small

フェイズ2プログラム プロセスワークディプロメイトコース

国際基準の認定資格プロセスワークディプロメイト(認定プロセスワーカー)養成のためのコースです。

個人セッションからグループのファシリテーションまで、プロセスワークの全領域についての一定の知識とともに、プロセスワークを実践する能力、スキルと、ディプロメイトとしての姿勢を身につけていきます。自分に深く向き合うこと、未知に踏み込む勇気、葛藤する相手の立場を含めて場の全体を自身のうちに見出していく力など、プロセスワークが持つ独自の哲学を生きようとする意志が深く求められます。

プログラム概要

  • 対象者:フェイズ2プログラムは、心理臨床、医療、福祉、教育、司法、経営などさまざまな分野の方々を歓迎します。このコースは、プロセスワークの全応用領域でプロセスワークの専門家として関わりたい方を対象としています。
  • 入学:毎年4月
  • 平均修了年数:2〜3年
  • 入学要件:臨床基礎プログラムまたはフェイズ1プログラム実践コースを修了している方、または同等のレベルを有していると日本プロセスワークセンター入学選考委員会が判断した方。・入学試験に合格している方。
  • 修了時の取得資格:「一般社団法人日本プロセスワークセンター認定プロセスワークディプロメイト」
    ​*このコースは、国際的なプロセスワークコミュニティである国際プロセス指向心理学協会(IAPOP)認定のコースでもあり、IAPOPに認定プロセスワークディプロメイトとして参加できます。なお、日本プロセスワークセンターのファカルティとしてプロセスワークを教授するには、卒業後さらに一定のトレーニングを受ける必要があります。

詳しくは、コースハンドブックをご覧ください。

ディプロメイトコースハンドブックver5[PDF:606KB]

 

入学試験合格後に必要な書類

入学申込書    フェイズ2入学申込書[DOCX:68KB]
振込完了届    フェイズ2振込完了届[DOCX:75KB]
受講済科目申告書 フェイズ2受講済科目申告書[DOCX:75KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード