コーマワーカーコース

heart-1140021_small

フェイズ2プログラム プロセスワークコーマワーカーコース

昏睡状態の人へのアプローチには、昏睡状態の人が発する微細なシグナルを読み取り、そこに関わっていく力、自らのありよう(being)の開拓といった繊細な側面から、家族システムや病院との間に流れるコンステレーション(布置)を自覚しながら介入していく動的な側面まで、多様な側面があると言えます。コーマワークは、プロセスワークに端を発しており、独自の哲学に基づくアプローチです。ここでは、昏睡状態の人のプロセスをファシリテートするのに必要なスキルを獲得し、実践的にコーマワークを病院で実践できるよう、トレーニングを積んでいきます。

プログラムの概要

  • 対象者:このコースはプロセスワークの応用領域のうち、特にコーマワークを中心にプロセスワークの専門家として関わりたい方を対象としています。
  • 入学:毎年4月
  • 平均修了年数:2〜3年
  • 入学要件:・臨床基礎プログラムまたはフェイズ1プログラム実践コースを修了している方、または同等のレベルを有していると日本プロセスワークセンター入学選考委員会が判断した方。・入学試験に合格している方。
  • 修了時の取得資格:「一般社団法人日本プロセスワークセンター認定プロセスワークコーマワーカー」

詳しくは、コースハンドブックをご覧ください。

コーマワーカーコースハンドブックver5[PDF:605KB]

 

入学試験合格後に必要な書類

入学申込書    フェイズ2入学申込書[DOCX:68KB]  
振込完了届    フェイズ2振込完了届[DOCX:75KB]
受講済科目申告書 フェイズ2受講済科目申告書[DOCX:75KB]

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード