ファカルティ以外の有資格者一覧

当センターファカルティ以外の認定プロセスワーカー

飯塚 浩(いいづか ひろし)

JPWC認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、東京成徳大学大学院心理学修士、横浜国立大学工学部情報工学科学士、臨床心理士、 千葉こころの面接室代表
E-mail:iizuka@kokororoom.com
URL:https://kokororoom.com

得意または関心の高い分野:
メンタルヘルスや心の健康における多層的でホリスティックなアプローチ、心の傷つきからの回復、プロセスワークをとおした持続的な心の成長、気づきと創造性、現実とドリーミングの橋渡し、夢のワーク、コラージュとクリエイティビティ、瞑想とインナーワーク、カップルや家族の関係性のワーク

ひとこと:
子どもの頃から星(外なる宇宙)にひかれ、いつしかこころの世界(内なる宇宙)にひかれ、導かれるように星座(constellation)を理解し大切にする生き方に帰結していきました。歳を重ねるごとにより一層、自然や星の声をきき、自らの人生のパターンを尊重し、背景のプロセスの流れに開かれながら、現実をしっかりと歩むことが、自分らしい生き方であることに自己一致してきたようです。プロセスワークが教えてくれた実践の知を、今の時代を共に生きる多くの方々と共有したい。


桐山 岳大 (きりやま たけお)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)
E-mail:trueblue6251@gmail.com
御用のある方は上記E-mailまでご連絡ください。


小林 彰 (こばやし あきら)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、ユニオン大学博士(心理学/異文化間心理療法)
Email:fj2a-kbys@asahi-net.or.jp
Tel:03-5761-8196
URL:http://www.asahi-net.or.jp/~fj2a-kbys/

得意または関心の高い分野:
プロセスワークとインターカルチャルコミュニケーション理論と技法の相互活用
プロセスワークのグループワークの効果の心理測定法による計測
プロセスワークと身体技法(特に野口体操)の融合
プロセスワーク通じた学びと現代におけるイニシエーションと個人の成長の問題
技術と人間との関係の問題(いかに発達していく技術と付き合うかの問題)

ひとこと:
自然にしたがうこと、この不思議なテーマをいつのまにか追いかけはじめ、というか風に吹かれるようにというか、興味にしたがってというか、気づくと自然にしたがうことの探求に身をもってしたがうのが、自然に感じるというのか。そのような感じで現在に到っています。性格としては気に入ったことをゆっくりと長くするのが好きなようです。


林 大貴 (はやし だいき)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、サンダンサー
E-mail:daiki@processworker.jp
URL:https://processworker.jp

得意または関心の高い分野:
トラウマの解消、ドリーミングを大切にした子育て、看取り、グリーフケア、鬱からの回復、シャーマニズム、変性意識

ひとこと:
プロセスワークの学びと並行して、ネイティブアメリカンの儀式(スウェットロッジ、ビジョンクエスト、サンダンス)に参加したり、米国カリフォルニア州にあるシャスタ山へ通ったり、ゾクチェンを学んだ師匠から教えを受けたりしてきました。その過程で、合意的現実では考えられないような、様々な体験をしました。
そして今は、プロセスワークの強み・弱み、エネルギーヒーリングの強み・弱み、悟りに関することを知った上で、一人ひとりが、かけがえのない自分自身のプロセスを生きていけるように、個人セッション・講座・リトリートなどを通して、体験をシェアし、サポートしています。


藤崎 亜矢子 (ふじさき あやこ)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、上智大学修士(臨床心理学)、臨床心理士、プロセスワーク・インスティチュート(PWI)ファカルティ
TEL:1-503-358-1009
FAX:1-503-228-2681
E-mail:ayakofujisaki@gmail.com
URL:www.ayakofujisaki.com

得意または関心の高い分野:
関係性、グループファシリテーション、葛藤解決、シャーマニズム、夢、ムーブメント、個人及び集合的トラウマ、メタスキル、ライブ・スーパーヴィジョン、ケース検討

ひとこと:
小さい頃から空想好きで夢のような世界に魅かれる一方、世の中にある痛みや悲しみを何とかしたいと思っていました。個人の深淵なプロセスに伴走させていただくと同時に、社会に働きかけることを可能にしてくれるプロセスワークに出会えたことは本当に幸運だと思っています。今特に関心があることは、プロセスワークをより分かりやすく、でもより深く伝えていくこと、個人や集団の受けたトラウマの回復過程、紛争地域でのプロセスワーク活用の可能性です。

プロセスワーク・インスティチュートのある米国オレゴン州に在住で、年に数回日本に帰国しワークショップ等を行っています。個人カウンセリングやスーパービジョンは対面セッションと、電話やスカイプでのセッションを組み合わせた形になります。


横山 十祉子 (よこやま としこ)

PWI認定プロセスワーカー、システムアウェアネスコンサルティング代表

Email: yokoyama@systemawareness.net

 

得意または関心の高い分野:

組織/地域開発、人材/リーダーシップ開発、身体性と知性のアウェアネスの動的平衡、リーダーシップとエルダーシップの動的平衡など

 

ひとこと:

20数年前、数社の企業経験の中で組織活性化に対する課題に直面し、プロセスワーク/プロセス指向心理学に出会う。プログラム修了後、日本プロセスワークセンター教員/代表理事としてプロセスワークの日本普及に努めたのち、より多様で全体に開かれたシステム変容を目指して、学習する組織、U理論などの手法を取り入れ、プロセスワークの特徴のひとつである身体性を活かしながら組織、地域、人材の開発にフォーカスした手法としてシステムアウェアネスを開発。ホフステードモデルに出会い、組織/国民文化を取り入れてさらなる進化/深化を目指している。

 

MACF修了生

ポートランドのプロセスワーク研究所で提供される、葛藤ファシリテーション修士課程(MACF)の修了生です。プロセスワーク修士(MAPW)及びディプロマコースが、プロセスワークの全貌を集中的に学びディプロメイトになるのに比して、特にMACFではグループファシリテーションでの学びを主としています。

武田 美亜(Daya

E-mail:processwork.daya@gmail.com
URL:www.changeconflict.com


廣水 乃生 (ひろみず のりお)

MACF1期修了
コミュニティファシリテーション研究所
URL:
http://comfaci.com/workshopinfomation/
E-mail:info@comfaci.com