セミナーに参加してみる

日本プロセスワークセンターのセミナーは、一部を除き、学生になっていない一般の方にもご参加いただけます。セミナーに参加を希望される方には、セミナーにお申込み頂き事前にお振込み頂くだけで参加することができ、特に学生登録などは必要ありません。

 

すべてのセミナーは、参加経験別、テーマ別に分類されており、あなた自身のこれまでのプロセスワークに関する経験や、興味関心、職業に活かせるテーマなど、あなた自身が学びたいことや刺激を受けたいものに合わせてセミナーを選び、ご参加頂くことができます。受講していただいたセミナーは、2年以内に入学される場合に限り、すべてトレーニングプログラムの必要時間数の中に含めることが可能です。詳細は「これまで受講された方へ」をご覧下さい。 

a. テーマ別セミナー

プロセスワークは基礎理論の他、ボディーワークやムーブメント、ワールドワーク(グループワーク)、インナーワーク、夢、コーマなど、様々な領域に用いられています。ですので、あなたの興味関心に添ってセミナーをご選択頂くことができます。 詳細はイベントカテゴリの「テーマ別」をご覧下さい。

ボディワーク:主に身体症状などを入り口としているプロセスワークの一領域です。身体の声をよく聞き、それを深めることでメッセージをもらうという手法は、広義の意味で代替医療ということもできます。医療関係者や身体に関する興味がある方におすすめいたします。

ムーブメント:主に身体の「動き」を入り口としているプロセスワークの一領域です。無意識に行ってしまう動作に焦点を当てながら、その人の表面の奥にある気づいていない意図を探っていく手法です。

ワールドワーク:3人以上の集団にアプローチしていく場合に用いるグループワークについてここでは学んでいきます。グループの中での葛藤や対立を扱ったり、あるいは潜在している見えない動きを浮上させ、グループがより自覚的に問題に取り組めるよう、サポートしていくプロセスワーク流の集団へのアプローチをここでは学びます。

インナーワーク:自らの裡に起こってくることに目を向けながら、自分自身の盲点やまだ自分で気づかない部分を自覚し、自己成長に活かそうとする自分へのアプローチです。

夢のワーク:夜見る夢は「無意識の王道」と言われたりしますが、プロセスワークでは夢と身体の結びつきや、自分の人生に流れる「神話」を理解していくために夢を用います。夢だけではなく「夢のような体験」なども含まれており、夢を見ない方にもご参加頂けます。セラピストやカウンセラーはもちろんのこと、夢を通した自己成長に興味のある方、自分自身の人生を振返りたい方におすすめです。

変性・極限意識状態のワーク:通常と異なった意識状態について扱っていきます。ここでは意識状態と社会文化との絡み合いなどを学びます。精神科医療に関わる方、また意識状態の変化などに興味をお持ちの方におすすめいたします。

関係性:二者の関係性について扱っていく領域です。二者がお互いに行っている「投影」などの関係性のダイナミクスを、プロセスワーク流に紐解いていきながら、カップルへの介入について学んでいきます。

 

b. 参加経験別セミナー

あなた自身のプロセスワークに関するこれまでの体験や知識に合わせて、入門・初級・中級・上級とレベル別のセミナーにご参加頂くことも可能です。詳細は、イベントカテゴリの「参加経験別」をご覧下さい。
(一部の中・上級セミナーは、学生のみを対象としており、ご参加頂けません。各セミナーのページに参加要件が記してありますので、各セミナーページをご覧下さい。)