ミッションステートメント/ロゴに込められた意図

ミッションステートメント

起きていることの意味や見えない声に気づくと、
じぶんと世界は再び出会う。
新たな関わりが生まれて響き合う。
そして人生はもっと深まり、広がり、また深まっていく。

JPWCは、そんな気づきのための知恵と出会いの源泉。
認定プロセスワーカーによる国際基準のプログラムを通じて
仲間同士が学び合う場であり、
多様性を尊重しながらつながるコミュニティであり、
世界を育てる豊かな土壌でもあります。

人と人、人と世界が響き合うより良い未来へ、
ひとりひとりが変えて行けるように……。 
まだ見ぬ世界が、手つかずの明日が、ここから始まります。

ロゴに込められた意図

2014年、私たちはJPWCの新しいシンボルを作りました。

関係者や学生も交えて共作した思いを込めたものになりました。

まず、色の三原色が目に飛び込んできます。
これらを混ぜ合わせることではぼすべての色彩を再現出来ると言われています。
ここでの個別の色はそれぞれ「現実(黄)」、「夢(赤)」、「深層(青)」を意味しています。

層をなすブロックの中には、深層民主主義を表すミンデルの図を私たちの思想として刻んでいます。

右上に向かって伸びる螺旋状の白線の、太い部分は J・P・W・Cという当施設の略称をデザイン化したものです。

左上の名称から時計回りに視線が流れ移動するように動きを持たせています。
一見ランダムで個別の要素は全体としてバランスして一つのコンポジションを形作っています。

個を大事にしながら全体性を考える、私たちの姿勢を具象化しました。