ファカルティ一覧

日本プロセスワークセンターファカルティ(50音順)

桑原 香苗 (くわはら かなえ)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、米国プロセスワーク研究所プロセスワーク修士、早稲田大学大学院文学修士、当センターファカルティ、米国プロセスワーク研究所教員、社団法人Dialogue理事、(有)フィールド・シフト代表取締役
E-mail:kanaekw@gmail.com
URL:www.kanaekw.net
 

得意または関心の高い分野:

企業・組織へのプロセスワークの応用(組織のダイナミクスの理解から人間関係の質の向上、メンタルヘルスの問題などを含めて)、精神科心理面接、さまざまな意識状態(精神障害や意識障害から至高体験まで)への関わり、言語および非言語コミュニケーション全体の理解とスキルアップ、それらすべてを通じて、この地上に気持ちのよい場所やつながり、深い喜びやこころからの笑いが少しでも現れてくること

ひとこと:

心と体と頭のつながり。自分の内側と、目の前の相手とのつながり。大きなグループ・組織・社会、ひいては地球、宇宙とのつながり。自分を苛立たせる相手がほんとうは自分なのだと深く腑に落ちる解放感。だれも責めずに済み、(できるだけ)ありのままにものごとを見て、自分が心から望む目標を大切に関わっていけること。そんな一瞬の体験が少しずつ重なるうちに、生きることがとても楽に、そして楽しくなりました。それに大きく役立ったプロセスワークをはじめ、「これ使える」「とても大切」と感じた体験や学びがおたがいに伝え共有できるような場を、どんなところでも日々の中でたくさん作り出せたらいいなと思っています。

▲ページトップへ戻る

坂元 仁美 (さかもと ひとみ)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、米国ユニオン大学博士(心理学/死生学)、慶應義塾大学大学院社会学修士、臨床心理士、当センターファカルティ、当センター監事、当センター内部倫理委員、Technosophics, Ltd. 取締役
E-mail:hitomi@innerawareness.org
URL:www.innerawareness.org
 

得意または関心の高い分野:

夢のワーク。グリーフワーク。多層的でダイナミックなプロセスワークを様々な形で生かすこと。女性のエンパワーメント。政治、社会、経済、歴史、自然科学、テクノロジー、栄養学、死生学、意識学などにおける最近の動向と古今東西の様々な伝統、そしてそれらがどのようにつながり合っているかということ。

ひとこと:

教育相談所、クリニック、企業での心理職で得た経験、プロセスワークや素人なりに興味を持って学んできたことを生かしながら、現在は日本とロンドンで個人セッション、グループセッション、セミナー、ワークショップ等を行っています。
今、大事に思っていることは、「人類の大きな転換期とも言えるこの時代、ひとりでも多くの人が自分の道を発見し、世界のために力を発揮していくこと」。
仕事や日々の出会いを通して、そのために自分にできることを精一杯していきたいと願っています。

▲ページトップへ戻る

佐野 浩子 (Hiroko Sano)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、米国プロセスワーク研究所プロセスワーク修士、文教大学大学院人間科学研究科人間学修士、臨床心理士、当センターセンター長/代表理事、当センターフィールドサポート担当ファカルティ、Presence Bloom代表
E-mail:bigheartchild@gmail.com
URL:presence-bloom.jimdo.com
 

得意または関心の高い分野:

・個人心理慮法、カップルや家族、グループとのワーク、布置を読みとるコンサルテーション
・昏睡状態の方とのワーク(コーマワーク)、緩和ケア
・トラウマに関わる心理療法
・「自己疎外」についてー「私」がないがしろにされがちな日本の文化の中で、「私」をどう取り戻し、生きて行くかについて

ひとこと:

プロセスワーク全般に通底している、その広さと深みを持ち、多層的な体験を包含する理論に惹かれて長いあいだ勉強してきました。特にプロセスワークが大切にしているアウェアネス、気づきの力について魅力を感じています。気づきを得た時、思わず「ああそうか」とため息がもれたり、身体が軽くなったり、自分の深いところに触れた感覚を持ちます。その体験は、自分の魂にとっての滋養のように感じます。プロセスワークは、何度もこの静かな至福をもたらしてくれました。私もこうした気づきのパワーを誰かに手渡せるようなディプロメイトでありたいと思っています。

 

▲ページトップへ戻る

田所 真生子 (たどころ まきこ)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、ミンデル博士夫妻認定プロセスワークのセカンドトレーニング教師、米国プロセスワーク研究所プロセスワーク修士、名古屋大学大学院国際開発研究科修士、元名古屋大学特任准教授、東京工業大学非常勤講師、当センター学生担当ファカルティ
E-mail:pathoftaromakiko@yahoo.co.jp

得意または関心の高い分野:

プロセスワークの異文化コミュニケーションにおける応用、自己成長やセルフエスティームとプロセスワーク、ワールドワーク、コーマワーク、インプロビゼーション(即興)・ムーブメント・アートなどクリエイティビティの活用、リーダーシップやエルダーシップの育成、シャーマニズム、スピリチュアリティ、個人・関係性・グループのダイナミクスや自然に対するホリスティックなアプローチ等々。

ひとこと:

プロセスワークとの出逢いは、私の人生において大きなかけがえのない宝物だと思っています。好奇心旺盛な性質なので、いろいろなものに関心が向いては手を出していますが、「あぁ、やはり私のコア(核・中心)にあるものはこれなんだ」と思えるものがプロセスワークです。その一番の根っこにあるのは、「『語りえぬタオ』に対する畏敬の念と深い信頼」、そしてそれに沿っていこうとする心持ちであるといえるかもしれません。目に見えるもの、見えないなにかも、どちらも大切にしたい...、そう想っています。自分を大切にすることやひとりひとりの幸せが、周りの人々の幸せ、世界の幸せ、そして自然や宇宙との調和につながっていき、また、世界や自然への取り組みがひとりひとりの幸せにつながっていく...、そんなことを信じながら、自分としてどのように生きていくのか、世界との関わりを夢見ながら模索する日々です。

▲ページトップへ戻る

田中 保子(たなか やすこ)

JPWC認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、淑徳大学社会学部社会福祉学科人間科学コース心理専修卒業、主任介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士、当センター教育担当ファカルティ、地域包括支援センターセンター長、奏(かなで)代表
E-mail:tamotnk@gmail.com

得意または関心の高い分野:

関係性のワーク、グループワーク、コミュニティソーシャルワーク、ソーシャルワークへのプロセスワークの応用、対人援助職への支援、セクシュアルマイノリティや支援者へのサポート

ひとこと:

NPOや社会福祉法人の電話相談に10年以上関わり、高齢者福祉分野での相談支援や、地域のネットワークづくりに関わってきました。社会システムが変動していく中で、年老いても自分らしく生きていくためのお手伝いをしています。また、インターセックス(DSD性分化障害)当事者として、多様な在り方を社会に活かしていけるよう、様々な試みを続けています。
以前とても落ち込んでいたときに、まっすぐ空に向かって伸びる草花に励まされ、太陽の光や慈雨を受けながら、草花のようにただまっすぐに生きていきたいと思いました。
体の声、心の声、魂の声に耳を澄まして、自分の奥底に流れる旋律やリズムを活かしながら、自分らしさを生きていきたい。同様に、あなたらしさも大切にしたい、と思います。
自分の中のマイノリティなパートを大切にすることによって、世界の多様性に貢献する喜びを感じています。それぞれが自分の中のパートを大切にすることによって、お互いが幸せに生きていける世界を作っていけるのではないかと思います。
そのような思いを込めて、プロセスワークによる個人セッションやワークショップも行っています。

▲ページトップへ戻る

平井 みどり (ひらい みどり)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、ミンデル博士夫妻認定プロセスワークのセカンドトレーニング教師、米国プロセスワーク研究所プロセスワーク修士および葛藤ファシリテーションと組織変革修士、当センター教育担当ファカルティ/理事、結友留(ゆうりゅう)主宰
E-mail:greenpolaris@mac.com
URL:www.youryu.info
 

得意または関心の高い分野:

異文化間コミュニケーション、夢、クリエイティビティー、アートワーク、コーマワーク、グリーフ、トラウマ、ヒーリング、転換期と再生期のプロセス、組織・企業への応用、コーチング

ひとこと:

自分や社会の出来事に対する疑問や、夢の不思議さへの好奇心など、自分のこころのアンテナに何となく従っていたら、たどり着いていたのがプロセスワークでした。私にとってプロセスワーク的な考え方やプロセスワークでの体験は、人生に彩りを与え明りを灯しながら土台となっていつまでも役立ってくれる貴重なものとなりました。
激しい変動の時代にありますが、それぞれの多様性を尊重しながらも、他者や社会だけでなく自然や宇宙と、どこか深いところでのつながりを感じながら関わっていきたいと思います。

▲ページトップへ戻る

富士見ユキオ(ふじみゆきお)

認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、臨床心理士、米国トランスパーソナル心理学研究所修士(トランスパーソナル心理学)、ニューヨーク州立大学学士(人類学)、放送大学特別講師、明治大学兼任講師、京都文教大学セミナー講師、当センター理事、プロセスワーク研究会代表
FAX:03-5570-2860(富士見心理面接室)
E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp
URL:http://www.fujimi.in/

得意または関心の高い分野:

自己愛性人格障害、統合失調症、病/身体疾患、家族病理、アディクション(依存症)、組織、企業、事例/症例検討、解離、精神分析の新しい流れ、コンテキスト指向心理療法、夢、ケンウイルバーの四象限、ライブス‐パービジョン、主体性/「私」作り支援、神秘主義的心理療法、シャーマニズムとプロセスワーク、臨床的ワールドワーク

ひとこと:

カウンセリングやセミナーに来ていただく方の主体性/「私」作り支援に力を注いでいます。そのために、日本人の自己愛のあり方に関心を抱いています。新フロイト派のハインツ・コフート、アリス・ミラー、マーガレット・マーラー、河合隼雄先生の母性社会の病理(グレート・マザー論)、上野千鶴子さんの『サヨナラ学校化社会』などからヒントをいただいています。

▲ページトップへ戻る

松村 憲 (まつむら けん)

PWI認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、米国プロセスワーク研究所プロセスワーク修士、大阪大学大学院人間科学修士、臨床心理士、ヨガ・瞑想教師、当センターコミュニケーション担当兼学生担当ファカルティ/理事、(株)Blue Jigen代表取締役
E-mail:info@insight-jp.net
URL:http://www.insight-jp.net/
BLOG:http://ameblo.jp/kripalu/
 

得意または関心の高い分野:

プロセスワークにおける身体性やマインドフルネス、トラウマへのアプローチ。多様な意識状態を日常に生かすこと、生きること。組織やコミュニティへのプロセスワークの応用。ワールドワーク、インナーワーク、魂の成長、仏教瞑想、ヨガ、スピリチュアリティ、ヒーリングなど。日々をより十全に幸せに生きること。

ひとこと:

プロセスワーク、ヨガや瞑想、ヒーリングを通じて、身体という宇宙の多様性に魅力を感じ続けています。プロセスワークをツールとして、一人一人の内側や、グループの持つ力や神秘に触れる機会が喜びです。どんな状況にあっても、あきらめずに生きることの希望を見出したいと思います。プロセスワークの個人セッションなど随時受け付けています。(詳細はインサイト・プラクシスへ)

▲ページトップへ戻る

村松 康太郎(むらまつ こうたろう)

JPWC認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、武庫川女子大学大学院臨床教育学修士、臨床心理士、スクールカウンセラー、当センター教育担当兼コミュニケーション担当ファカルティ、Earth Dreaming主催
Email:kotaro@earthdreaming.jp
URL:www.earthdreaming.jp
スクールカウンセリングのBLOG:http://posc.blog.fc2.com

得意または関心の高い分野:

直感や即興を大事にした個人セッションやグループワーク。身体症状と魂との関係。教育現場におけるカウンセリングやケースコンサルテーション、組織や地域のコンステレーションを理解すること。教職員のサポートや可能性を活性化すること。パーマカルチャーなどの自然と調和した暮らし、コミュニティづくり。人間関係や魂の探求。シャーマニズム、瞑想、シータヒーリングなど。また、音楽表現や絵を描くことなどを通して内なるアーティスト、創造性につながることなどに関心を持っています。

ひとこと:

世の中の矛盾や葛藤、紛争などに強い絶望を感じた少年~青年時代でしたが、自然と調和した暮らしの探求やプロセスワークとの出会いを通して、世界が知恵に満ちていること、起きることには意味があること、いのちは表現するために存在することなどを学びました。日々の迷いや葛藤の中にさえ、それらを見つけることができるということを知ったのは、自分にとっての大きな希望です。それぞれの「心ある道」を共に探求していくことが、今の一番の願いです。どうぞよろしくお願いします。

▲ページトップへ戻る

 

日本プロセスワークセンター 準ファカルティ(50音順)

くにもと きく

JPWC認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、山形大学大学院学校教育学修士、臨床心理士、スクールカウンセラー、基礎絵本セラピスト®、二児の母親。
Email:kk421jp@yahoo.co.jp

得意または関心の高い分野:

  • ココロと魂の成長のための個人臨床。
  • 夢や身体に拓かれた日常生活の過ごし方。
  • 教育現場でのコンサルテーションやファシリテーション。
  • 子ども大人も共に学びあい、育ちあうための場づくり。

ひとこと:

大学生の時に体験した夢のワークがきっかけで、JPWCの学生となりました。結婚・出産と、学びの中にも、色々な過程があり。その都度、プロセスワークでの経験や気づきが支えとなっています。現在は、日常生活の中であっという間に過ぎ去っていく現実に対して、学校でも家庭でも、そこにあるドリーミングを大切にしながらどう生きていくか、問いつづけながら生活しております。目の前の人が笑顔になれた瞬間、私も幸せになれます。

▲ページトップへ戻る

 

加瀬 まさよ

JPWC認定プロセスワーカー(ディプロメイト)、北海道大学大学院教育学修士、臨床心理士、リフレクソロジスト、太極拳指導員
Email:elementofearth.mk@gmail.com

▲ページトップへ戻る

 

日本プロセスワークセンター名誉ファカルティ

アーノルド・ミンデル (Arnold Mindell)

認定プロセスワーカー、PWIファカルティ、ユニオン大学博士
TEL:FAX:1-503-221-0105
URL:http://www.aamindell.net/

エイミー・ミンデル (Amy Mindell)

認定プロセスワーカー、PWIファカルティ、ユニオン大学博士
TEL & FAX:1-503-221-0105
E-mail:amy@aamindell.net
URL:http://www.aamindell.net/

エレン・シュパック (Ellen Schupbach)

PWI認定プロセスワーカー、ユニオン大学博士
E-mail:ellen@maxfacilitation.net

マックス・シュパック (Max Schupbach)

認定プロセスワーカー、チューリヒ大学博士
E-mail:max@maxfacilitation.net

海外特別講師

ゲリー・リース (Gary Reiss)

PWI認定プロセスワーカー、PWIファカルティ、ソーシャルワーク修士、心理学博士
E-mail:greiss@igc.org
URL:http://www.garyreiss.com/

スティーブン・スクートボーダー (Stephen Schuitevoerder)

PWI認定プロセスワーカー、PWI CEO、心理学修士、社会生態学博士
E-mail:stephen@processconsulting.org
URL:http://www.processconsulting.org/